ハリウッドVFX業界就職の手引き

ハリウッドVFX業界就職の手引き
鍋潤太郎氏による、海外のVFX業界で働くための手引き。お薦めです。

2013年4月15日月曜日

Percy Jackson: Sea of Monsters

木村でございます。今日は実は私のRhythm & Huesでの仕事の最後の日だったのですが、今回は最後まで関わっていたプロジェクト、映画「Percy Jackson: Sea of Monsters」のお話をさせて頂きたいと思います。以前のブログでもお話ししましたが、Rhythm & Huesは倒産後、Prana Studiosというアニメーション会社のオーナーに買い取られて、新会社としてスタートした訳ですが、この作品は、Legendary Picturesの「The Seventh Son」と並んで旧Rhythm & Huesが請け負った最後の仕事です。これらの仕事の終了をもって旧Rhythm & Huesの業務は全て終了することになります。




この映画は続編でして、オリジナルは「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」というタイトルで、2010年に日本でも公開されました。現代のアメリカを舞台に、ギリシア神話の神と人間の間に生まれた少年、パーシー・ジャクソンとその仲間が、やはりギリシア神話に出てくる魔物と戦いながら冒険を繰り広げるというお話のベストセラー児童小説をもとに、「ハリー・ポッター」シリーズの監督も手がけたクリス・コロンバスがプロデュース、および監督を手がけています。日本での公開時期は私はちょっと存じ上げないんですが、アメリカでは8月に公開予定となっています。

VFXは複数の会社が請け負っていますが、かなりの部分がRhythm & Huesで行われています。サブタイトルにある通り、海が主要な舞台で、ここだけのお話ですが、「ライフ・オブ・パイ」で使われた海の表現テクニックが再度ここでも生かされています。日本で公開された際には、ご家族連れでぜひ劇場まで足をお運びください。

また、少々宣伝になってしまいますが、これも私が制作に関わりました「ライフ・オブ・パイ」のブルーレイが日本でも近々発売になるようです。劇場でご覧になっていない方は、ぜひご自宅でご鑑賞ください :)


2 件のコメント:

  1. 最近 ブログを読み始めた高校3年生です。補助金制度など完璧に理解することができませんでしたが、(僕がただアホなだけなんですが)非常に為になるお話でした。僕も将来vfx産業で働きたいと思っています。現在は韓国留学中で、CGの勉強もしています。(5月からMayaの授業にはいります。)木村先生のキャリアを見ると本当に魅了されるものばかりでもっと詳しいお話とか聞きたいです。仕事されながらブログを作られるのは大変ですよね汗 これからのブログ更新も期待しています。
    ss23456jp@hotmail.co.jp
    これは僕のメールアドレスです。将来、海外就職するのを本気で考えているので相談に乗ってくださると嬉しいです。

    返信削除
    返信
    1. そうですか。勉強がんばってください。個別のご相談に応じている時間はちょっと取れないのですが、ご質問等はコメント欄に書いて頂ければ、可能な限りお答えしたいと思います。

      削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。