ハリウッドVFX業界就職の手引き

ハリウッドVFX業界就職の手引き
鍋潤太郎氏による、海外のVFX業界で働くための手引き。お薦めです。

2013年5月6日月曜日

自分の仕事をプレゼンしてみる その3

5月になりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。このブログの内容と全く関係ないんですが、私が住んでおりますLAの街で昨日の日曜日、ちょっとしたレクリエーション・イベントがあったんですが、そこにフード・トラックが来てたんですね。こちらでフード・トラックといえばハンバーガーとかタコスとかいかにもトラックで売りやすいものが多いんですが、そのイベントに来てたトラックの中にピザを売ってるのがあったんですよ。冷凍のを温めて出してるのかと思ったら、なんとトラックの中に薪のピザ釜があって、生地をその場でこねて焼いてました。結構たまげましたね。で、やはりというべきか美味しかったです。お薦めです、と言いたいところなんですが、何しろトラックなのでいつどこに出没するのかよくわかりません。見かけたら食べてみてください。


ウェブサイト

そんな訳で、「自分の仕事をプレゼンしてみる」の最終回として、ウェブサイトのお話をさせて頂きます。先にお話ししたレジュメ、カバーレター、デモリールに比べると、ウェブサイトは必須のアイテムではありません。これはどちらかといえばフリーランサーが仕事の窓口として重視しているものであり、スタジオにスタッフとして応募する際には特に必要とされないものです。しかし応募先によってはパーソナル・ウェブサイトがあれば教えてくれ、というところもありますし、自分の仕事をPRする手段の一つとして、積極的に利用している人も多いようです。ウェブサイトは自分でドメインを取ればURLからしてインパクトのあるサイトが作れますが、フリーで利用できるホームページのサービスなどでも十分役に立ちます。私が今このブログを書いているGoogleのBloggerもレイアウトを上手く工夫するとあたかも普通のウェブサイトのように見せることが出来ます。例えばこの方、実は私全く存じ上げない方なんですが、LinkedInでご自分のサイトを宣伝しておられたのでちょっと取り上げさせて頂きますが、この方のサイトもBloggerを使っています。

 http://www.jeffreygipson.blogspot.com

自分でドメインを取得してサイトを立ち上げる場合ですが、まず、ドメインを取得するサービスは巷にいくらでもありますが、ドメインを取得した後、ウェブのホスティングもほぼ確実に必要になります。既存のサイトをドメインに結びつけたり、自分でサーバーを立ち上げるつもりでもない限りは、ホスティングのサービスもやっている会社でドメインを取得するのが簡単でしょう。私は日本ではどういった会社のサービスがいいのかはちょっと存じ上げないんですが、アメリカではGo Daddyという会社が比較的ポピュラーです。この会社は毎年スーパーボールの季節になると、スポンサー契約を結んでいるナスカーレーサーのDanica Patrickやセクシーなビキニモデルを起用したCMでオタクどもを一本釣りして急成長した会社です。そういう訳で、私もここを利用しております。ちなみに、ドメインを取得すると、WHOISというデータベースにドメインの登録者情報が記載され、誰でも閲覧できるようになるそうです。そこでこうしたドメインを取得してくれる会社が間に名義上の登録人を作り、ユーザーのプライバシーを守る、というサービスをやっています。私もドメインを登録するまで知らなかったのですが、これのために年間10ドルほど取られました。自分は別に気にしない、という人は別ですが、このサービスを利用したい人は勘定に入れておいた方がいいでしょう。

ドメインを取得したら、ホスティング・サービスを利用してウェブサイトを立ち上げます。最近はウェブサイトのオーサリング・ツールがパッケージになっているホスティング・サービスもあって、これだとブラウザ上から自分のホームページを作った後、そのまま登録したドメインにボタン一つで公開できるため便利です。凝ったことをやらなければ、このサービスだけで事足りるでしょう。

ホスティング・サービスを利用すると、大概これに自分が取得したドメイン名を持つメール・アドレスを作れるサービスがついてきます。Go Daddyの場合、500アカウントのメールアドレスがフリーでついてきますが、これは基本的にPOPです。メール・サービスにはPOPとIMAPの2種類があって、POPはサーバーに届いたメールがユーザーのメール・クライアントによってダウンロードされると、サーバー側のメールは削除されてしまいます。従ってメールは常に、特定のコンピュータで管理しなければなりません。これに対してIMAP方式はサーバー側でメールが管理されるため、ユーザーが自宅のPC、会社のPC、そしてスマートフォンなど、さまざまなデバイスで自分のメールアカウントにアクセスしても、その内容が一貫しています。GoogleのGmailやAppleのiCloudなどは皆IMAPです。従って、メール・アカウントはIMAPにした方が便利でしょう。Go Daddyの場合はIMAPは別途有料になり、一番低額なプランだと10アカウントで月4ドルくらいになってしまうので安くはありません。予算に余裕がないのであれば、メールだけはGmailにするなどした方が便利かもしれません。

サイトにはデモリールやレジュメなどをアップしますが、問い合わせ用の入力フォームなども用意しておくと便利です。LinkedInやIMDbなど自分の情報が参照できる外部のサイトへのリンクも用意しておくと更に親切でしょう。以上、クライアントに対して自分の仕事をプレゼンする方法を簡単にご紹介しました。




0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。