ハリウッドVFX業界就職の手引き

ハリウッドVFX業界就職の手引き
鍋潤太郎氏による、海外のVFX業界で働くための手引き。お薦めです。

2013年12月31日火曜日

年の瀬のご挨拶

木村でございます。いよいよ年の瀬も押し迫って参りました。今年1年おつきあい頂きありがとうございました。実はこのブログを書き出した当初は、アメリカのVFX業界がこれほど急激な変化に見舞われるとは全く予想しておりませんでしたので、当初の想定からだいぶ違う内容となってしまいましたが、ある意味非常にVFX業界の世相を捉えたブログになったのではないか、と思っています。

もともとは私の友人達からの質問に答える目的で書いてきましたが、こうしたブログのいいところは、読んでおられる方から時々ポジティブな反応や新たな知識を頂けることで、例えばある音楽業界で働いておられる方からは、アメリカのVFX業界がブログで触れられている様な状況とは知らず驚いた、という率直な観想を頂きました。また、現在連載中の「ライティングしてみる その2」では、やはり読んでおられる方からカラースペースとガンマの関係に関して有益なご指摘をいただきました。実はこのコメントをしてくださった方は私の古くからの友人で昔の会社の同僚でもある方でして、日本ではそれほど多くないコンポジットのスペシャリストです。こういう各分野のスペシャリストからのフィードバックがあると、私自身も曖昧なまま書いていた内容が結構ありますので(ええ、結構あります)勉強になります。実は「ライティングしてみる その3」でも他の方からOpen EXRで使われている16bit half (float) の仕様に関して間違いをご指摘して頂きました。私浮動小数点がコンピュータにおいてどのように扱われているかが実は良くわかっておらず、適当な英語訳から判断しておりましたので、助かりました。次回の「ライティングしてみる」でこれにはまた触れますが、気になる方はこちらのコメントをご覧ください。

このブログ、当初は半年も続けばいいだろう、と思いながら書いていたので、1年続いただけで私的には万々歳なのですが、「ライティングしてみる」がまだ話し半ばでもありますので、このままダラダラと2年目に突入してみたいと思います。よろしければ来年もおつきあいください。では良いお年を。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。