ハリウッドVFX業界就職の手引き

ハリウッドVFX業界就職の手引き
鍋潤太郎氏による、海外のVFX業界で働くための手引き。お薦めです。

2014年4月6日日曜日

アメリカに住んでみる - おいしいハンバーガー屋さん

木村でございます。アメリカに一度でも来られた方ならお分かりかと思いますが、正直言っておいしいものを見つけるのが難しいです。ない訳ではありませんが、大概どんなところでもおいしいものが食べられる日本に比べると苦労します。「ハンバーガー以外おいしいものがない」などと言われたりもしますが、こうしてアメリカに住んでいる訳ですから、それに耐えるより他にありません。そういう訳ですから、だったらそのハンバーガーのおいしい店を今日はご紹介しよう、という訳です。こういう話をしますと、大概「えーあそこがー?」などという反応をする方もいますが、結局のところ食べ物の上手い不味いは人によりけりですので、ここは私の個人的見解という事でご理解ください。なお、一応順位を付けてみましたが、あまり意味はありません。


5. In-N-Out Burger

このお店はチェーン店なんですが、ほとんどカリフォルニアに集中しているようです。ほかにネバダやテキサスなどにもあるようですが、海外には恐らく全く支店がないと思います。ここの売りは新鮮な食材を冷凍などせずにその日に必要なだけ仕入れて調理している、という事で、ポテトなども全てお店の厨房でカッティングして揚げています。バーガーのクオリティに注力するため、他のメニュー、ナゲットやタコスなど他のバーガーショップが扱っている様なメニューは一切扱わず、バーガー自体の品目もダブルダブルバーガー、チーズバーガー、ハンバーガーの3つしかありません。たいして美味しくない、という人もいますが、お値段も手頃で私は結構好きです。

4. Umami Burger

名前からわかる通り、日本人か、少なくとも日本料理にインスパイアーを受けたアメリカ人が作り出したのではないかと思われるバーガーで、ここのオリジナルバーガーは醤油ベースのソースに椎茸が具材として挟まっており、和風な味がします。ここのバーガーを絶賛する人も少なくありませんが、私は正直それほどでもありません。しかし興味深い味である事には変わりありませんので、LAに来られたら、一度賞味してみるのがいいのではないかと思います。

3. Haute Burger

バンズにHBの焼き印が押されているのが目印で、非常にトラディショナルな味ですが、美味しいです。この刻印が押されたバンズも香ばしくてビーフパティとよく合います。トラックですのでFacebookなどで常時更新されるロケーション情報に目を光らせていないといけませんが、試してみる価値はあります。


2. Me So Hungry

これもトラックなんですが、私がRythm & Huesに勤めていた事は2週か3週おきに会社の近くに来ていて、来ると必ずお気に入りのカリ・スライダーをゲットしにいったものです。スライダーとはミニハンバーガーの様なもので、通常のバーガーの半分くらいのサイズですが、大概2つか3つのセットになっています(カリ・スライダーは2つのセットです)。かりかりのベーコンとゴルゴンゾーラチーズがかかったこのバーガーを求めて時には20分近くかけて歩いていったら、予定の場所に来ていなかったなどという事も今ではいい思い出です。


1. Rush Street

このRush StreetはCulver CityのSony Pictures Imageworksのすぐそばにあり、私がImageworksで働いていた頃は足しげく通っていました。このお店はバーガー専門店ではないんですが、ここのドライエイジドバーガーはLAだけでなく、私がアメリカで食べたハンバーガーの中では一番です。香ばしいバンズに挟まれたビーフパティ、アップルウッドベーコン、ミックスグリーンとチェダーチーズはスタンダードな組み合わせですが、パティはジューシーで、独特の甘みのあるソースが非常に食欲をそそります。一緒についてくるシューストリング・フライという細身のフレンチフライも美味で、お薦めの一品です。

写真が少々古くて初代iPhoneで撮影したため、あまり美味しそうに見えないのが残念です

ここでご紹介したハンバーガー屋さんはどれも海外に支店やチェーンを持たないローカルなお店ですので、LAを訪れた際にはぜひ試してみてください。トラックは難しいかもしれませんが、オフィシャルサイトやFacebookなどにどこに行くかが記載されています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。