ハリウッドVFX業界就職の手引き

ハリウッドVFX業界就職の手引き
鍋潤太郎氏による、海外のVFX業界で働くための手引き。お薦めです。

2015年8月3日月曜日

<訃報> スタジオ・リンダの林田宏之氏が逝去

木村でございます。「英語を勉強しなおしてみる」と題した連載の途中ですが、大変残念な一報が入ってきました。ご存知の方も多いかとは思いますが、CGアーティストでスタジオ・リンダの代表取締役でもある林田宏之氏が今日お亡くなりになったとのことです。

林田さんは大手CGプロダクションに勤務された後、1997年から始まった映画「Final Fantasy」を制作するプロジェクトに合流するため、Square USA(ハワイ州ホノルル)の主要メンバーとして活躍されましたが、私もそこでご一緒させていただきました。日本に帰国されてからはご自分の会社「スタジオ・リンダ」を立ち上げられ、数々の作品を世に送り出されただけでなく、CGアーティストとしても個人の作品を精力的に制作されておられました。一昨年、私が仕事で日本に戻りましたおり、元ホノルルの仲間が飲み会を開いてくれたのですが、その時に多忙な合間を縫って足を運んでいただき、久しぶりに旧交を温めたのですが、それが林田さんを直接お見かけする最後の機会となってしまいました。

お亡くなりになられた原因に関して、詳細をお聞きお呼びしていないんですが、なんでも脳卒中が原因だとのことです。一昨年お会いした時は大変元気で、普通にお食事もされていましたし、最近のFacebookの投稿などを見ても、お仕事に精力的に取り組んでおられたようなので、周りでもおそらく異変を気づかなかったのかもしれません。実は私の知り合いで、やはりホノルル時代の仲間がかつてくも膜下出血で倒れたことがありまして、その時は幸いご家族がすぐに気づいて救急車を呼び、手術、リハビリを経て現在は元気にされているのですが、非常に怖い病気だとその時思ったものです。

林田宏之氏のご冥福をお祈りするとともに、ご家族の皆様に衷心よりお悔やみ申し上げます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。